贈り物をするならどんなヴィンテージワインがいいか?

ヴィンテージワインとは、自分の生まれた年と同じ年に作られたワインのことで、ヴィンテージワインの種類も色々あります。

ではどんなワインが贈り物にすると良いのでしょうか?通常、寿命の長い順に、「貴腐ワイン(極甘口白ワイン)」そして「赤ワイン」さらに「辛口白ワイン」になります。

「貴腐ワイン」はとても甘く、年数が経っていても飲みやすいものです。

赤ワインは30年以上経つと飲みごろが過ぎてしまいますが、当たり年で有名な生産者のワインであれば30年以上経っても美味しいようです。

そして辛口の白ワインは10年経つと飲みごろを過ぎてしまいます。

以上のことを考えると、贈り物としては貴腐ワイン(甘口の白ワイン)が無難と言えますが、もし味わいの変わり具合を楽しみたいという方であれば、赤ワインがおススメです。

それで相手が飲みやすいものが良いと思うか、またはワイン通の方であるのか、相手に合わせて選びましょう。

  • Posted on 10. 5月 2014
  • Written by blogger
コメントは受け付けていません。

Comments are closed.